Parenting -miobana-

12年前の2人育児を振り返る、ヴィーガンcafeオーナーのブログ

ズル休み?

本人の自己申告により、結局昨日一日は保育園&会社を休んだのですが…

鼻水は出ていたけれど、熱はすぐに平熱になって上がることもなく。
保育園で流行ってるという胃腸風邪でもないようで、立派なうん○を1回のみ(笑)
すこぶる元気もあり、踊ったり歌ったり、食欲も旺盛。

…休む必要があったのかちょっと疑問だけれど、
保育園に行かなかったから、熱が上がらず元気だったのかも知れないし。
こればっかりはわからないもんね。

しかもなんだかとても甘えん坊で、ななまーが側にいないと不安なようでトイレに行くのも一緒。
昼寝も長かったし、だるかったのは確かかな??

しかし今朝は元気に見送ってくれたので、無事に出勤しております。

「甘えたいシグナルがある時は、たっぷり甘えさせてあげましょう…」っていうけど、
いつもいつもそういうわけにはいかないところがワーキング母の辛いところですな。

f:id:miobana:20190418155341j:plain

豆みたい、なんか
 

こうやってブログを振り返るようになってから、いまのリアルな姉妹をみると、なんかタイムリープしてるみたいな不思議な気持ちになって、トイレにも一緒についていきたくなります…w

長女に関してはむかしからあまり「甘える」ということがない(最近だと臨時のお小遣いが欲しい時ぐらい)のですが、次女はまだときどき甘えてきます。

でも、普段はけっこうそっけない。

しかもわたしへのいろいろな評価が厳しく「きのこあたまがヘン」とか「足がぶっとい」とか「ターバン巻いて学校に来ないで」とか、だいたい塩対応。でも甘える時は「ままー、ぎゅー… 」と、両手を広げてきます。まさにツンデレ

このギャップに、わたしは飼い主に呼ばれてジャンプして喜んで、尻尾ふって駆け寄る犬みたいに、たとえそれが包丁を握ってるときだったとしても「ぎゅーっ」としに行く。そしてそんなとき、横でTWICEの動画とかみてる長女に「ななちゃんもしようか


?」って聞くと、だいたい「だいじょうぶでーす」と断られるのでした。

 

今度は風邪?

f:id:miobana:20190417075727j:plain

わたしお熱あるの

今朝「お熱ある」「ママとお家にいる」という自己申告があり。
熱を計ったら、確かにちょっと高め&昨日から鼻水&こんな申告は珍しいことだったので…

ななまーすでに肩に掛けていたカバンをおろし、現在まだ家におります。

今も「ママとねんねしたい」と、スープを飲みながら言ってる。。

週末は披露宴だし、今日は大事をとってお休みかな??
保育園ではお腹の風邪が流行ってるらしいし…そしてやっぱり水疱瘡も出たらしい(あきらかにななさんより感染…)
 
このとき、前の週に水疱瘡をやっていたから、体力がちょっと足りなかったんでしょうね。
もうもう、いてあげてー… と、今は孫を思うような気持ちになりますが、この頃は会社勤めで、いつも有休 残数とにらめっこでした。でもそれも、休んでもお給料をいただけてたなんて、なんて贅沢な!とも思います。そしていつも社長が「いまはこどもをいちばんでいいんだから!」と言ってくれていたのも、とても心強かったです。とはいえ、休んだらその分仕事も溜まる(この頃は自社のカタログやフライヤー製作をしていました)わけで… でもそれも逆に、わたしの場合は休んだ時に他の人が自分の仕事を背負うことになるわけではなくて、自分でコントロールしながら仕事ができたことも、働き続けられた大きな理由だったかもしれません。にしても… 「もうひとり自分が欲しい」と思う気持ちは、12年前と変わらない( ;  ; )

f:id:miobana:20190417075727j:plain

わたしお熱あるの

今朝「お熱ある」「ママとお家にいる」という自己申告があり。
熱を計ったら、確かにちょっと高め&昨日から鼻水&こんな申告は珍しいことだったので…

ななまーすでに肩に掛けていたカバンをおろし、現在まだ家におります。

今も「ママとねんねしたい」と、スープを飲みながら言ってる。。

週末は披露宴だし、今日は大事をとってお休みかな??
保育園ではお腹の風邪が流行ってるらしいし…そしてやっぱり水疱瘡も出たらしい(あきらかにななさんより感染…)
 
もうもう、いてあげてー… と、今は孫を思うような気持ちになりますが、この頃は会社勤めで、いつも有休 残数とにらめっこでした。でもそれも、休んでもお給料をいただけてたなんて、なんて贅沢な!とも思います。そしていつも社長が「いまはこどもをいちばんでいいんだから!」と言ってくれていたのも、とても心強かったです。とはいえ、休んだらその分仕事も溜まる(この頃は自社のカタログやフライヤー製作をしていました)わけで… でもそれも逆に、わたしの場合は休んだ時に他の人が自分の仕事を背負うことになるわけではなくて、自分でコントロールしながら仕事ができたことも、働き続けられた大きな理由だったかもしれません。にしても… 「もうひとり自分が欲しい」と思う気持ちは、12年前と変わらない( ;  ; )

Wiiはスゴい

ななまーがここでその面白さを熱弁しなくても、ちまたでかなり人気の「Wii」ですが…

これはこれは、本当にむちゃくちゃ面白いっす!!!
もう、食洗機レベルのオススメ度なのだ…(かなりジャンル違いだけど)


我が家に彼女(食洗機はななまーの彼氏なので)がやって来たのは先週のパパの誕生日。

発売当初から彼女と付き合いたいと思ってたパパは、さまざまな方法で予約を試みたけれど、ことごとくGETにつながらず。じらされまくっているうちに、ちょっとどうでもよくなった矢先の誕生日プレゼントだったのでした。

彼女のすばらしいところはたくさんあるのでおいおい紹介したいと思いますが、昨日びっくりしたのは彼女を介してテレビ画面で普通のWEBページが閲覧できること!
ネットやりたいだけの人は、極端な話パソコンを買わなくてもよいのだ。(ネット環境はもちろん必要だけど。)

そして、昔のファミリーコンピュータースーパーマリオ2がたった500円でダウンロードできたよ…思わず涙が出ました。

今日は彼女の魅力の1割も紹介出来なかったけど、もう会社に着いてしまうのでこの辺で…
あ、でも「Wiiスポーツ」のおかげで、夫婦共々筋肉痛だということだけは書いておきます(笑)

近場の人は早く遊びに来るように!!Miiのキャラ設定も済んでるのでね!!(2007.4.16)
 
 
Wii… センセーションでしたね。
わたしの父は、テニスで足をくじきましたからね。
あと、このとき、設定が100cmからの設定しかなくて長女の登録ができなかったことや、我が家には体重計がなかったので、久しぶりに自分の体重を知って苦笑いだったこととかを思い出しました。
わたしが今までハマったゲームは、IQ。その前はテトリスRPGは桃電とかまいたちの夜。ゲーセンにいくと、実際にバイクにまたがって競争するやつ。あ、あと、いちばん最近では、逆転裁判。いまはゲームなんて全然しないけど、なんでもハマるととことんやらないと気が済まないので、IQは犬になったし、かまいたちの夜は全部のエンディングをやってみたくて徹夜したこともありました。そして桃電ではキングボンビが自分についたとき、大人気なくリセットボタンを押すこと数回。(←ひどい)トランプはスピードと大富豪とダウトは最強だけど、神経衰弱や七並べがはじまると一気に勝ち負けがどうでもよくなって、まわりから嫌がられます。謝謝。

今朝の我が家

f:id:miobana:20190413140341j:plain

しぼむと泣かれた風船

今朝は寝坊して、ななさんに起こされたななまー。
しかし、その呼び掛けが「しまちゃんのうんちは??」

一瞬寝ぼけてるのかと思ったのだけどそうではなく、
今月のしまじろうの本はトイレトレーニング特集。

便座に座っているしまちゃんが「ウンチできた!」ってことで、
股の間にウンチのシールを貼るという(笑)そのシールを探しているようだった。

なぜ起きがけにそれなんだ…

確かに昨日寝る前にそれ読んでたのだけど。
ななまーがすごく小さいウンチシールを奇跡的に見つけてあげると、
超ハイテンションのななさん。

しかし今度は赤青黄色の車のシールに話題はうつり、
「あっ、赤の車だ…あっ青も!黄色も!!」
と、起きがけにしちゃあ妙にハッキリした声を張り上げていると、
ベットの下から何やらボソボソっと声が…

「俺はみどり。」

ふと見ると、今日32歳を迎えたちょっと疲れ顔の旦那さまが、
目をつぶったままつぶやいている…こちらは完全に寝ぼけておる様子(苦笑)


そんな感じのスタートだった今朝の我が家ですが、
出がけに「いってくるねー」とななさんに言ったら、

「いってらっしゃーい。今日ななちゃんはパパと公園に行って来るね!」

と言い切ってました…これはかなり厄介だぞ。
果たしてパパは保育園の門を無事にくぐれるのか!?(2007.4.13)
 

 

 
しまじろう…
決しておしゃれとはいえない、昭和のかおり。
じゃじゃ丸、ピッコロ、ポロリの仲間… のような。(いまもかわらないのかな?)
この時期みんな片手にしまじろうを持っていたような…その絶大な人気にはほんと脱帽でした。
 
で、これってアンパンマン、ポポちゃんに続き、まだ20代だったわたしは「こんなおしゃれじゃないもの部屋におきたくない」とポポちゃんを欲しがったななさんに、ぽぽちゃんの5倍くらいの値段でブライスを買って見向きもされなかった苦い思い出があります。
 
にしても「股間にうんちシールを貼る」なんて。まったく記憶にない。
記憶にないぶん、そのまっすぐさにおののく!
しかもこの教材のために、きっとびっくりするほどキチンとした大人たちが一同に集まり、
「うんちシールは3サイズくらいあったほうがよいのではないでしょうか?」
「うんちのイラストは、こちらの絵本作家さんに…」
「部長、うんちの硬度のバリエーションは必要でしょうか…」
とか、大真面目にミーティングしたのかなぁとか思うだけで、どんな仕事にもちゃんと向き合っていこうと、背筋がピンとする思いです。

 

恋の行方

f:id:miobana:20190412074543j:plain

ハムをもってきた人


ななまーが毎朝すれ違っていた女の子…

パパかママと徒歩で幼稚園に通っていたのだけど、
今朝はランドセルを背負ってるのを見かけて、なんだかほのぼのしてしまいました。
ななさんだけでなく、みんな成長しているのよねぇ…

新クラス3日目の昨日も何の問題もなく過ごせたようで、
連絡ノートによるとSちゃんという女の子と一日楽しく遊んだ様子が書いてありました。

それによると、ちょっとでもSちゃんの姿が見えなくなると
「Sちゃーん?ななちゃんはここだよー??」という声が、
園庭中に響きわたっていたそうで(笑)
そしてなぜか二人でタイヤの中に入ってお昼寝?
(仰向けで目をつぶってたらしい)していたのだそうでした。かわえぇなぁ。

晩ごはんを食べながらそのことを聞くと、すごく嬉しそうにさらに詳細を話してくれたのですが…
ななまーが「今日はJJとは遊ばなかったの?」と聞くと、

「JJはお熱でちゃったから~お家でねんねしてたから~…」


や、やっぱりJくんがいなかったのか!
前にも一日女の子と遊んだ時はJくんが不在だったぞ…う、うーん。
りゅうくんとクラスが離れた今、もはや三角関係ではなく、
りゅうくんもRちゃんと二人でラブラブの相思相愛の道を歩んでいるのだろうか…

しかし、ななさんとりゅうくんの運命的なつながり?は、クラスが離れたぐらいじゃ壊れないはずよね!?
ど、どうなの…??


写真は、ななまーの伯父さん(お肉屋さん経営)から送られてきた荷物の中に入ってたハムを、
いつの間にかこっそり持ち出していたななさんです…
(この後、自分でハサミを取りだしてムハムハと食べてました。)

明日はパパの誕生日!32歳よ…ひぇぇ。(2007.4.12)

 
 
この頃のおしゃべりって、ほんとうにかわいいですよね。
単語だけだったところからの「接続詞」に、萌え。
その接続詞が微妙に間違えたりしてて、萌え。
それとか「ママにくれるね❤︎」とか「どうじょ☺︎」って、手を差し出しておやつをねだったりとか。
いまはそんな、いちいち萌えていたときのことを、お客さんのお子さんで反芻するように萌える日々です。
「人は3歳までに一生分の親孝行をする」っていうのは、あながち間違ってないと思います。

 

興味津々

f:id:miobana:20190411151818j:plain

胎内の胎児に夢中


最近、お腹を見ると「赤ちゃんいる?」

おっぱいを見ると「赤ちゃんおっぱい飲むの?」と聞くななさん。

保育園でもお腹が大きかったママがいつの間にか赤ちゃんを抱っこしてお迎えに来ていたり、
しまじろうの妹・はなちゃんの存在もあったりするので、
こちらが思ってるよりも結構リアルに想像できているかも…

昨日は「赤ちゃんおっぱい飲むの?」の質問に、
「飲むよー。飲んでもいい?」と聞いたら、
ニヤリとしながら「ダメぇーななちゃんのおっぱいだからねー」とのこと(笑)

かわいかったけどちょっと苦笑いでした…本当に飲ませてくれなかったらどうしよ??


写真は「初めての妊娠・出産」の本の中の、
お腹の中の胎児の写真を興味深々で見ている今朝の様子。
昨日「あ、確かそんな写真が載ってたはず!」と思い出して見せてみたのだけど、
これがかなりのヒット。

朝起きても一番に「赤ちゃんの写真みるの!」と言っておりました。

そして、へその緒がかなり気になるらしく、何度も「これは?」と聞いてました…
確かに異質だし、誰にも付いてないもんね(笑)

とりあえず、産まれてくるのをとても楽しみにしてくれているのがすごく嬉しい…
あとは2号がすくすく大きくなってくれればなぁー
お腹は膨らんで、だんだんヘソがなくなってきてるんですがね。。(2007.4.11)

 

こんなに大人気だったおっぱいも、いまでは「ママのせいで微乳」と長女に文句をいわれています。

そうなんですよね、なんか、いまは次女のほうがふっくらしてます…w
こればっかりはお母さんもどうにもなりません。お母さんも好きで微乳なわけでもないですから。
「あのね、おっぱいはね、大きさじゃなくて”誰についてるか”なんだよ。だからおっぱいは関係ない!大丈夫!」
「安室ちゃんだって微乳っぽいけど… ほら、それを思うと関係ないでしょ!」とか、意味不明な持論を強引にしています。で、これを人は「負け犬の遠吠え」といいます。